不動産の有効活用と相続対策に取り組んでいます。枚方の不動産相談窓口、ウェルカムホームです。

8月からウェルカムホームは「不動産相続の相談窓口」としての活動に参加いたします。
相続を中心とした不動産の勉強会活動に今まで以上力を入れ、相談業務に強い身近な不動産事務所をしっかりと目指します。

 

「不動産相続の相談窓口」とは

“不動産のプロ”による相続サポートのネットワークです。
日本の家計資産のおよそ7割は不動産資産と言われています。資産を引き継ぐ「相続」において、不動産の扱いを避けて通ることはできません。しかし、不動産の扱いは難しい。その理由は大きくふたつあげられます。
ひとつは、不動産はその価値がわかりにくいから。土地としての評価は高いが、家を建てるには不向き…など、不動産の価値はその相続上の評価と一致しないことがよくあります。
そしてもうひとつは、不動産は分けにくいから。たとえば、相続人3人で遺された田舎の実家を分けられるでしょうか。現金資産とは違って分けにくいのも不動産の特徴のひとつです。
「不動産相続の相談窓口」では、価値がわかりにくく、専門的な知識も必要な不動産の想像を、経験を積んだ”不動産のプロ”がサポートします。

 

これまでも当社では不動産に関するご相談対応がお客様とのコンタクトの入り口でした。

不動産は一般の方にとって生活に密着した身近なものであるはずなのに、いざ動かそう(購入・売却・賃貸借・相続・活用しよう)とすると、「不動産の仕組みや流れが複雑でわかりにくい」、「何から手を付けていいのか・誰に相談すればいいのかわからない」、「この不動産屋さんって信用できるの?」などなど、様々な悩みや問題にぶつかってしまいます。当社にご相談いただくお客様はご紹介の方が多く、相談させていただくと皆さんからこのような悩みをお聞きします。

不動産って確かにわかりにくい? でもわかりにくいのは当然かもしれません。不動産に関わる経験が少ないから。ほとんどの方にとって、不動産取引の機会は一生の間にほんの数回しかありません。1.賃貸アパート・マンションを借りる。2.マイホームを買う。3.不動産の相続を受ける。これくらい。あとは何度か住み替えられたり、不動産投資を始めてみたり。

不動産に関わると不安な気持ちになる? 不安になるのもわかります。不動産のことって学ぶ機会が少ない上に、せっかくの経験を受け継いだり共有したりできないから。今は不動産や相続に関する沢山の無料セミナーがあります。本も売ってるし専門家の先生もいらっしゃる。しかし、その情報が本当に自分自身の環境にあっているのかどうか?沢山の情報の中から本物の情報、自分にあった専門家を探し出すことができるのか? これが難しい。

不動産のことをもっと身近なものとするためには? 一般ユーザーの皆さんが不動産や相続のことを知り、学べる機会があれば良いと思います。不動産のことをわかりやすくマイペースで学べる学び場って少ないと思いませんか? 英会話やスポーツクラブや趣味の習い事教室は身近にたくさんあって、その中から自分にあった好きなものを選んで学んだり鍛えたりすることができるのに。

当社ではこれまで不動産トラブルや相続、空き家問題など身近な不動産に関するセミナーや勉強会を開催してきました。その活動を通じて、皆さんにどんなアプローチが求められているのか?どんなことを悩み知りたいと思っていらっしゃるのか?私たちも多くのことを学ばせていただきました。ただ、残念ながらこれまでのセミナー・勉強会は単発のものでしたので、不動産の問題やポイントをじっくりお伝えして、反復継続して学んでもらえる、という本当の意味で「身につく」レベルには至っておりませんでした。

そこで このたびウェルカムホームでは「不動産相続の相談窓口」グループの活動に加わり、今後 不動産相続の勉強会と不動産に関する相談業務に一層力を入れることにいたしました。日本一身近で正直で、クライアントのご希望に沿った不動産相談窓口を目指します(本気)。
枚方に密着して、小規模でわかりやすいカリキュラムの不動産相続勉強会を開きます。勉強会をきっかけに ゆっくりしっかり不動産のことを学んでいただき、不動産と相続の問題に対応できる力を身につけていただきたいのです。
そして「不動産に強い」「不動産力のある」方が少しづつでも増えていってくだされば、不動産の悩みや問題を解決し、未然に防ぎ、不動産と資産を次の世代にトラブル無く残していける社会になると信じています。そんな環境作りを私たちが身近でサポートいたします。

不動産って、思ったよりわかりやすくて簡単なものですよ。学べば強くなります。話し合えば答えは見つかります。ご一緒に勉強しましょう。

———-

やりたいことや理想はたくさんあっても、要領よくトントンとはできません。
今できることから、コツコツと。